パンチラスポットガイド

下着フェチの管理人が東京の楽しい部分を紹介します

僕が大好きなエロマンガ作家、ホムンクルス先生のおススメ作品を紹介する

2018/02/16

僕がホムンクルス先生の作品で頻繁にオナニーする理由は、女の子の可愛さ、ストーリー、絡みの部分でのエロさのレベルが非常に高いからです。

特にストーリーが素晴らしく、20ページ前後の単品作品でも完璧な流れがあり、違和感なくエロい行為が始まります。

純愛的な要素があるのも僕は好きです。

スポンサーリンク

おすすめ作品

ホムンクルスさんの作品をおすすめ順に紹介していきます。

恋ひ結び奇譚


COMIC快楽天 2017年11月号に収録されている「恋ひ結び奇譚」は本当に素晴らし作品です。

ヒロインは可愛くてエロく、表情がコロコロと変わる所がとても魅力的。(快楽天の表紙の女の子がヒロインです)

ちょっと特殊な事情から濃厚なエッチへと発展していくのですが、そのストーリー性も抜群。

「ごめんね・・・」
「私の方が我慢できなくなっちゃった・・・」
「逃がさないけど、いい・・・よね?」

ヒロインがこうつぶやくシーン、最高に好きです。

・COMIC快楽天 2017年11月号
https://book.dmm.co.jp/detail/b548awkrt00039/

※恋ひ結び奇譚は単話での販売は無く、現在はCOMIC快楽天 2017年11月号を購入しないと読むことができません。

棘のアトリエ


COMIC快楽天 2016年5月号に収録された「棘のアトリエ」のヒロインは他の作品のような典型的な美少女では無いですが、最後に見せる顔がたまりません。

・COMIC快楽天 2016年5月号
https://book.dmm.co.jp/detail/b548awkrt00021/

※棘のアトリエは単話での販売や単行本に収録と言ったことはされておらず、現在はCOMIC快楽天 2016年5月号を購入しないと読むことができません。

小悪魔@ほーむ


単行本レンアイサンプルに収録された「小悪魔@ほーむ」のヒロインも可愛いです。

JKが親戚のおっさんの家に押しかけて誘惑するエロマンガでは良くあるストーリーなのですが、他の作品よりもどうしてそういう流れになったのかがわかる分だけリアリティが出て良いです。

スポンサーリンク

ホムンクルス先生の作品はどれも素晴らしいのですが、「恋ひ結び奇譚」が凄すぎて他が霞んじゃうんですよね。

エロマンガが好きな人と言いますか、エロマンガにアレルギーの無い人でしたら1度は読んでみて下さい。


良く読まれてる記事


パンツ見ませんか?







こういう履き古したパンツって興奮しませんか?
ヨレヨレで黄ばんだ女の子のパンツ程魅力的な物は世の中に無いと思います。
AVとかと違って、生活感のある所が良いですよね!

この画像はオンラインチャットで僕が女の子に見せてもらったものです。
課金しなくても無料ポイントだけでパンツ見れるのでおススメです。

・僕の愛用オンラインチャット
http://www.dxlive.com/


エロい事がしたい人へ

ナンパしたり、相席居酒屋に行ったり、街コンに参加したりしてもなかなかエロい事なんて起こりません。
今すぐエッチがしたいなら風俗に行くのが一番です。

しかし風俗嬢相手では満足できないと言う人も多いでしょう。
そんな人におすすめなのがネットナンパです。

ツイッターなどのSNSにいる若い子にマメに連絡していけばオフパコは必ずいつかできると思います。
しかしどれくらいの時間がかかるかはわかりません・・・。

スグに結果を出したいのであればば出会い系サイトを使う事をおススメします。

出会い系サイトに登録するような女の子のほとんどは孤独でメンヘラなかまってちゃんなので、少し優しくすればすぐにホテルへ連れ込む事が可能と言いますか、どちらかと言うと相手がそれを望んできます。

僕も出会い系で何人もの女の子を食いましたが、今思い返すと食ったと言うよりも食われたパターンの方が多かったです。

僕がメインで使っていた出会い系サイトは以下の3つです。

・ハッピーメール
・ワイワイシー
・PC★MAX

なぜ3つも登録するかと言うと、僕がおススメする出会い系サイトの使い方が次のような方法だからです。

1、駅前などの繁華街へ行く
2、出会い系サイトに○○駅前にいるけど暇な人いない?と書き込む
3、カフェなどでひたすら返信を待つ


メンヘラとのメールのやり取りはキツいですし、即日会える子ならセックスできる確率も高いので、この方法は効率が良いのです。
ただし獲物が見つからない場合もあるので、少しでもそうならないようにと複数のサイトを利用して出会える確率を上げているのです。

駅前のカフェで暇そうにスマホをいじっている男がいたら僕かもしれません。

-